2015年12月04日

Voice Circus 第13回レポート

2015年11月28日(土)

江古田、ツキフル食堂@中庭ノ空にて、オープンマイクVoiceCircus第13回、無事に終了しました!今回もたくさんの方のご参加ありがとうございました!見学から参加に切り替えた方を含めて参加者15名、他に見学の方もいらっしゃって賑やかなイベントとなりました。

この日は「初」の方がたくさんいらっしゃったこと、ミュージシャンの比率が非常に高かったことが特長でした。様々な方が集まってくださること、主催者としては嬉しい限りです。
20151128_0.jpg

トップバッターはラストにももう一回ステージに立てるシステム、今回も立候補がありました。では簡単に全出演者について一言コメントです!(敬称略)

蜜柑茶ゆみこ(ウクレレ弾き語り)。初参加で先陣を切ってくれました。会場のコーラスを誘って明るく元気で少しセンチメンタルなオリジナル曲を披露してくれました。
20151128_1.jpg

中庭のん(朗読)。お店めぐりの風景のオリジナル詩と「星の王子様」の一説を読んでくれました。いつも小さな女の子が浮かぶ朗読にほっこりしました。
20151128_2.jpg

佐藤慎司(ギター弾き語り)。逆説的な意味での「死ねばいいのに」など独自のオリジナル曲を弾き語り。静かに歌声ながらなぜか耳に残るフレーズです。
20151128_3.jpg

青条美羽(朗読)。本日も自著より詩や短歌、散文を朗読。「ナスタチウム」のイメージが広がりました。
20151128_4.jpg

いぐちともひろ(ウクレレ弾き語り)。「いとしのエリー」などカバー曲を弾き語り。ウクレレの音とともにとても暖かい雰囲気を作ってくれました。
20151128_5.jpg

noriko(朗読)。主催。音楽と共に一編、後に出るジャックさんのクロマチックハーモニカの即興とともにもう1編を朗読しました。音楽に乗せて、読む気持ちも広がりました。
20151128_6.jpg

加藤志郎(朗読)。この日は「どぎつい話」をテーマに朗読。ステージのイメージ作りと端正な声によって、架空のような詩の世界観にどぎつさも洗練された印象で楽しく聞けました。
20151128_7.jpg

こんぺー糖(ヒューマンビートボックス)。生身の声ひとつでリズムとメロディと歌とを表現。毎回参加していただいていますが日々技術力がアップしているようです。会場はミュージシャンを中心にパフォーマンスに釘付けです。
20151128_8.jpg

紀ノ川つかさ(即興)。いつも何か仕掛けを持ってきてくれる紀ノ川さん。会場から4枚の絵とタイトルをもらっての紙芝居。これらを事前に一切見ることなく即興のストーリーにする技術は圧巻でした。こんペー糖さんとのコラボで物語世界が更に広がりました。
20151128_9.jpg

今城司(gt.&vo.)。フォークソングのカバーを2曲熱唱。「一番評判の悪い曲」を歌うも「一番今城さんらしい曲」に。この場所にとても馴染む気がします。
20151128_10.jpg

トフカ(合奏&合唱)。見学で参加も、見ていたらやりたくなったと。「カントリーロード」を全員で合奏&合唱するパフォーマンスを披露。蜜柑茶さんのウクレレメインで歌が始まりましたが、他の楽器がどんどん入ってきて歌のコーラスパートも入り、会場が一気に暖かくなりました。お写真NGとのことでトフカさんのイメージ写真です^^。
20151128_11.jpg

けいこ(パントマイム)。「描く」「扉」の二題を身体のみの表現で。個を消すような黒の衣装などのいでたちで演じるのですが、「人間」のみならず「景色」も引き連れてくる演技に魅入りました。
20151128_12.jpg

ジャック(楽器演奏)。インディアンフルート2本で様々なジャンルの曲を演奏。民族調の曲はもちろん、「夜明けのスキャット」など歌謡曲(?)もマッチ、選曲も楽しめました。ここでも1曲はこんぺー糖さんとのコラボがありました。
20151128_13.jpg

ジュテ(朗読)。Take3。リズム感のある読みで15編の詩を朗読。これまでの出演者の方の言葉や先日忘れた原稿も織り込まれていたり即興性も含め。ひとときも目も耳も話せない圧巻のパフォーマンスです。「練習してない」のに10分のタイムを死守するところもさすがです。
20151128_14.jpg

うーたん(ギター弾き語り)。大好きな動物が出てくる作品や、暖かいオリジナル曲を2曲披露。マイクのない会場ですが、会場のあちこちに向かいながらの歌がより楽しい世界になりました。
20151128_15.jpg

蜜柑茶ゆみこ(ウクレレ弾き語り)。再度ラストにすてーじへ。皆で声を合わせられる応援ソングを。ここでもこんぺー糖さんとのコラボがあり盛り上がりました。
20151128_16.jpg

ということで、今回も充実のオープンマイクとなりました。暖かい中にも緊張感のあるイベント、ご参加の皆様のおかげでそんな場になっている気がします。次回のご参加、お待ちしております!
12月26日(土)18時~江古田、ツキフル食堂@中庭ノ空にて。
vc14_web_3.jpg
posted by voicecircus_host at 11:15| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

Linked Poem Circus#2連詩作品



2015年11月20日Linked Poem Circusで出来た連詩です。参加者は青条、Satole、恵矢、noriko、のん(途中参加)。
Linked Poem Circus#2レポートはこちら


noriko

手離す愛
青条

この惑星のいかなる瞬間においても、
太陽をその都度(つど)手離すことで、
存在は未来を獲得している。
・・・・・・カンブリア、三畳、ジュラ、氷河・・・・・・
恵矢

あなたがいなければ、心に穴が空く
そう思ったのよ、本当よ。
この惑星のいかなる瞬間においても、
愛は満ち欠けをくり返し、
それでも人は愛を求める。
Sotole

デボン、白亜、オルドビス
惑星がその都度、表情を変えてきたように
あなたの顔(かんばせ)から眩しく消える笑み
軌道なんて何とでもなると
そう思ったのよ、本当よ。
noriko

どこまでたどってもたどりつかない
何度手離しても離しきれない
軌道なんて何とでもなると
そう言ったのは嘘よ
この惑星の夢みたいに
青条

離脱する
軌道なんて何とでもなると
循環する
かつて、愛があった場所
回帰する
noriko

手にした瞬間
消失する
求めれば
喪失する
かつて、愛があった場所
Satole

消失は自然である。
循環して元通りなんて幻想
消失する
愛されたい、愛注ぎたい
ただ、それこそが宇宙。
恵矢

海辺で缶蹴り、
夜明けを待った。
愛されたい、愛注ぎたい
そんな気持ちの全てを波が洗う。
Satole

ずうっと、昔から愛する事は知っていた。
けれど誰を愛したかなんて、とおに忘れた。
今、ここで星空を眺める事が好きと
誰かに告げたいのだ。
そんな気持ちの全てを波が洗う
noriko

ずうっと未来まで愛する事は続いていく
もう誰を愛するかなんてどうでもいいのだ
今ここで星空を眺めることが好きと
あなたに告げたいのだ
そんな気持ちの全てを空に投げる。
のん

軌道を逸脱した衛星が
宇宙の果てで受信する
応答がないと放り去られた彼方で
ずうっと未来まで愛する事は続いていく
恵矢

応答がないと放り去られた彼方で
小さな子どもが泣いていた。
それは私たち。
生まれるときに魂の一部を
置き忘れてきて泣いている。求め合え。
青条

恒星が
生まれる時に魂の一部を
手離したものを
光という形態で受け取っているのです。


*連詩のルールは主催者がその場でチェックしておりますが今回の作品にはルールに抵触する箇所がありました。
主催者側のチェックミスでありご参加者にはご迷惑をおかけいたしました。しかし、連詩としての完成度に何ら問題はなく、このまま掲載させていただきます。
posted by voicecircus_host at 13:04| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

Linked Poem Circus#2レポート

2015年11月20日(金)

詩人であり言語造形家である恵矢さんと詩人norikoの共催、Linked Poem Circusの第2回目、無事に終了しました。参加者全員で前の方の1行を取り込み連をつなげていくというルールで連詩を作る会です。一人の持ち時間は10分、書いた人とは別の人が読むなど、即興でもなくパフォーマンスでもない詩の会となっています。

参加者は前回と同じ青条、Satole、恵矢、noriko、途中参加でのんの計5名でした。全員でくじ引きして順番決め、タイトルはnorikoによる「手離す愛」で連詩がスタートしました。

前回参加の4名は既にルールにも馴染んできたのですが、そうなると更なる創作意欲が湧いてしまうのか・・・制限時間いっぱいで苦戦するのは、前回と変わらずという状況。創作意欲が先行するあまりルール違反で書き直しになる場面もあり、なかなか難しいものです。
特に初参加、途中参加ののんさんは書き出すのに苦戦したもよう。その中でもハッとする言葉を記してくださいました。

私norikoが出したタイトルはものすごく幅広い意味を提示したつもりだったのですが、他の参加者がタイトルに縛られる場面もあるなど、少し強いイメージを持ちすぎたかと少々反省もあり。Satoleさんからは個人では絶対に書かない詩、との発言があるなど、連詩ならではの注意点や得るものなどが毎回あるのも面白いものです。

今回は見学だけの方も2名いらっしゃり雰囲気が大きく変わりました。詩は書かれなかったものの、最後の読み合わせでは見学者も含めて朗読、また合評でも書かれない側からの意見なども様々出していただきました。少しでも興味ある方、お時間ある方、詩を書く側としての参加も大歓迎ですが、気軽に見学にいらしていただけると嬉しいです。ご本人が書かれなくても出来上がった作品に影響を与えるという新たな気付きがありました。

完成した作品は別エントリに掲載します。
第2回連詩作品

次回Linked Poem Circusは12月19日(金)18:45エントリ、19:00スタート。途中参加可、見学歓迎。
今後も毎月第3金曜日19時~の開催を予定しています。皆様のご参加をお待ちしています!!

書き手は常に苦戦。それ以外の方々は楽しく和やかに。
20151120_1.JPG

20151120_2.JPG

20151120_3.JPG
=======================================

Linked Poem Circus #3

2015年12月19日(金)
18:45 / エントリ開始  19:00 / スタート
参加チャージはありません。カフェでオーダーをお願いします。

ツキフル食堂@中庭ノ空
東京都練馬区旭丘1-27-1  TEL:03-3950-0167
nakaniwanosoramap1.jpg

カフェではドリンク、お食事、スイーツ、アルコール等をご用意し通常の営業を行っております。貸切ではありませんので、Linked Poem Circus参加者以外のお客様がいらっしゃる場合があります。

参加者全員でひとつの詩を作っていきます。くじ引きによりその日の題と最初の連がスタート、前の連の1行を取り込み、新たな連を繋いでいきます。一人の持ち時間は10分以内。作品が出来たら別の人が朗読、全員で作品を共有し次の参加者へと繋げていきます。終了後には全員で作品の合評を行います。パフォーマンス性を排除し、言葉の本質に迫るLinked Poem。10分で最低1行の詩が書ければ参加できます。詩人の方はもちろん、他ジャンルのアーティスト、また詩を書いたことのない方の参加も歓迎いたします。
毎月の第3金曜日の開催を予定しています。

<<途中参加可、見学歓迎>>

主催:noriko、恵矢
予約・お問い合わせ:soraari.mail@gmail.com
【 Voice Circus公式ブログ】 http://voicecircus.seesaa.net/
lpc.jpg
posted by voicecircus_host at 12:58| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。