2016年01月26日

Linked Poem Circus#4「種子」


2016年1月15日Linked Poem Circusで共通のタイトルを「種子」として、ひとりひとりが自由に書いた作品です。

--------------------------------

実になるまでは
あかせない

かとうゆか

--------------------------------

転がりおちた。
恐かった。
受け入れられた。
寒かった。
いつの間にか暗闇だった。

でもね、おいでおいでと囁かれ
すこし顔を出してみた。
陽が射して、風が吹いて、
夜は星が美しい。
雨も降るけど、なかなかいい。

いいよ、ここは、とてもよい。

恵矢

--------------------------------

蒔く人が陽を背に
ひとり
こちらを向く者がもうひとり。
今日、何度か彼等は擦れ違った
が自分の足跡など決して踏み直さず
役目を続けている。
畝には傾斜した影
そしてそこから揮発する
視線
は彼等の先達のものでもあるようだ。

satole

--------------------------------

乗りこなすことができるのです
書きこなすことさえできるのです
いっさい
手を使わないで

ジュテ

--------------------------------

一月の北半球に幾兆の種子眠り居て





人立ち騒ぐ

青条

--------------------------------

選ばれぬミックスナッツの夜




の皿

青条

--------------------------------

固い固い殻に身を潜め
深く深く土の中に眠っていたのです
凍った冬も日照りの夏も
息をすることすら出来ず眠っていたのです
そのようにしか生きる術を持たなかったのです

いくつの季節が過ぎたでしょう
ふと気付けばあなたの暖かい風の中
今、芽吹こうとしているのです
緩やかに密やかに
嫋やかにしなやかに

noriko

--------------------------------

草ぼうぼうの
荒れ果てた地平に
一つ花が咲いた

花はおそれていた
種の中にくるまれていた頃
外界へぽんと
出奔してゆくのを
澄んだ空気に絡む
あかるい芽を出すことを

種は土の重みに耐えかね
叫びをあげた

Pong!Pong!Pong!

赤いけしの花が
一つ開いて
よるの闇の狭間に

葉山美玖

--------------------------------
posted by voicecircus_host at 13:43| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

Linked Poem Circus #4連詩作品

2016年1月15日Linked Poem Circusで出来た連詩です。参加者はsatole、青条、ジュテ、かとうゆか、葉山美玖、恵矢、noriko。
Linked Poem Circus#4レポートはこちら

恵矢

奏でる
かとうゆか

時空を超えて
耳を澄ましています
noriko

目を閉じて
宇宙(そら)を超えて
耳を澄ましています
satole

すると鼻腔は開き
あなたの好きな花の輪唱が
芳しく衛星軌道を撃つ
気がするのです
宇宙(そら)を超えて
葉山美玖

あなたのノイズ
私のノイズが
絡まりながら小惑星になって行く
気がするのです
青条

今はただ、
粉々に砕けながら断末魔に放った
私のノイズが
この無限の真空に吸い込まれて、
誰にも聴かれないことを祈るのみです。
恵矢

少しだけ散歩しよう
少しだけ踊ろう
少しだけ笑おう
今はただ、
音楽が欲しい
ジュテ

少しだけ踊ろう
通りに出て踊ろう
あなたはスターマン
風呂なしのユニオンジャック
昭和がひとつ消えたカンジ
noriko

少しだけ歌おう
通り出て踊ろう
あなたはギターマン
ワンルームの星条旗
昭和なんて捨ててしまえ
葉山美玖

ブラックスター
絶望の歌を裏返せ
少しだけ歌おう
盲目の天使を
ワンルームに住んでいる悪魔のために
青条

ワンルームに住んでいる悪魔のために
窓には防音ガラスを用意しよう。
壁にも防音シートを貼ろう。
何しろここは、幹線道路沿いで
最も大切なのは、日々の安眠なのだから
satole

そうさ何しろ平成の世の中
1Kに住んでいる元カノ
日の丸ガールの彼女
壁にも防音シートを貼ろう。
ってのが口癖だったストラトキャスターの達人。
ジュテ

ってのが口癖だったストラトキャスターの達人。
ってのをいただいて口癖にしてやろう
タイトルを思い出すのに
10分かかった。
恵矢

胸突き八丁 登り坂
最後の最後の 登り坂
ひたすら登って
10分かかった。
私たちの眼前に、雲海。
かとうゆか

繰り返し繰り返し
思い出す
最後の最後の 登り坂
ぜんぶ決めた
海で息をひきとる

posted by voicecircus_host at 13:41| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

Linked Poem Circus #4

2016年1月15日(金)

恵矢さんと共催のLinked Poem Circus、4回目も楽しく終了しました。今回はこれまで最大の7人での連詩作りとなりました。人数が多いと他の人が書いている間の待ち時間も長くなることから、以前、案が出ていたまま実行に至ってなかった、共通のお題に向けて全員がフリーに作品を書くという趣向も組み合わせてみました。

つまり・・・くじ引きで順番に連詩を一連ずつ書く、その合間に別のお題で自分のオリジナル作品を書く、ということです。書き手によって短い時間でパッと書くのが得意な方、じっくり時間をかけて書くことに向いている方と様々だと思うのですが、そういう自分の得手不得手とは別に、「この時間で書くゲーム」のように捉えていただけると感じをつかみやすいでしょうか。じっくりと書く派の方も、自分ひとりで書く作品とは別のルーチンで、この場ならではの作品に取り組んでいただいているように感じます。

さて、今回の連詩の参加者はSatole、青条、ジュテ、かとうゆか、葉山美玖、恵矢、noriko(敬称略)の7人でした。見学でもおひとり、詩は書かれませんでしたが、読み合わせの朗読と合評でもご意見をいただきました。
くじ引きで恵矢がタイトルを「奏でる」とし、かとうゆかから一連目がスタート、全員で2周しました。
第4回連詩作品

合評では全員から意見を出していただくことに重点をおきました。タイトルの「奏でる」と各連との関連性においては、奏でるに直結するフレーズがなくとも根底に流れる音楽を感じた、他の人のフレーズから思わぬ方向に飛び火した内容がタイトルの意味を高めたなどの発言がありました。この作品の中の「ベストのこの1行は?」の質問には冒頭を2行で始めたこと、流れを変えたジュテの2行、青条のエスプリ、などの意見が出ましたが、殆どの方が1行にとどまらず、複数のフレーズや全体の流れについて指摘されていました。

連詩のルールとしてはシンプルなほうがいい、現状のままで良いという意見が出ており、来月も同じルールで開催の方向としました。

もうひとつの全員で同じテーマで詩を書くというお題では、店内の任意の詩集の指定されたページから引き、「種子」にタイトルが決定。そのお題だけでもあるいはその詩を読むも自由、フリースタイルで詩作に取り組みました。同じ題でも全く違った詩になることはもちろん、連詩とは違い、本来のその人の個性が色濃く出る作品となりました。書き手を伏せて読み合わせしたものの、すぐに誰が書いたか分かるのも面白かったです。
「種子」全員の作品

次回はルールに縛られない連詩を書くという案が出ており、本来のルールを作った連詩とともにもうひとつのお題を同時進行で進めていく予定です。

次回Linked Poem Circusは2月19日19時~江古田ツキフル食堂@中庭ノ空にて。多数の方のご参加をお待ちしています!

M160115_1.JPG

M160115_2.JPG

M160115_3.JPG

M160115_4.JPG
posted by voicecircus_host at 13:37| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。