2015年12月28日

Voice Circus 第14回レポート

2015年12月26日(土)

江古田、ツキフル食堂@中庭ノ空にて、オープンマイクVoiceCircus第14回、無事に終了しました!2015年最後のVoice Circus、たくさんの方にご参加いただき盛況となりました。ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございます!!
参加者は(主催者も含めて)17名、見学2名、満席でした。

20151226_0.jpg

詩人、ミュージシャン、役者さんなど様々、「常連」として毎回参加してくださる方も増えており、更に初の参加者もいらっしゃって、賑やかな夜になりました。

トップバッターは最後にもう1度ステージに立てるシステム、今回も立候補がありました。
では、ご参加者の皆様の一言コメントです。(敬称略)

こんぺー糖(ヒューマンビートボックス)。トップバッターとしてヒューマンビートボックスの様々なパフォーマンスも披露。新しい技(?)など毎回毎回新たな発見があります。
20151226_1.jpg

森(楽器演奏)。お話に続き楽器演奏を。笙の仲間という大型の管楽器を演奏、場が不思議な空気に包まれました。以前よく不思議な楽器を持ってきてくださっており、それが蘇ってきました。
20151226_2.jpg

冨士山絢々(即興パフォーマンス)。場内から募ったお題「白ワイン、お正月、初詣」で即興パフォーマンスを。お題を取り込み、いつものように安定感あるパフォーマンスだったのですが、声に身体の動きがこれまでより一段と迫力を増していました。
20151226_3.jpg

いえで(ギター弾き語り)。「中庭ノ空」という名前に呼応して初参加。ぼやき話から入るものの、楽曲はしみじみと人生を感じる正統派で楽しく聞き入りました。
20151226_4.jpg

加藤志郎(詩の朗読)。詩だけでなく、エッセイ風の朗読も。「根っからの理系人間」と言うとおり、詩にも理系ならではのテイストがある他ではなかなか見ないパフォーマンスです。
20151226_5.jpg

長谷川裕美(昔話朗読)。この時期にぴったりの「笠地蔵」を朗読。語りが始まると一気に昔話の世界に取り込まれ、雪景色とお爺さん、お婆さんが現れました。難しそうな擬態語の朗読も耳に残りました。
20151226_6.jpg

青条美羽(詩の朗読)。「いつも通り淡々と」季節の作品を朗読。しかし、いつもはない身体の動きが入ったり進化しています。「淡々と」しながら少しのおかしみを生む世界を楽しませてくれます。
20151226_7.jpg

塩路牧子(即興朗読)。急遽参加することになったものの、お芝居や朗読のスキルを発揮した盛りだくさんのパフォーマンスを。その場で音を作る演技が目を耳を引きました。
20151226_8.jpg

noriko(朗読)。主催です。音楽と共に、この季節ならではの2編の詩を読みました。
20151226_9.jpg

satole SENO(ピアノ弾き語り*注:朗読)。メロディに乗せた言葉から力強い朗読へ。エントリが「ピアノ弾き語り」とあり、言葉のリズム感がピアノ弾き語りなのか?作品の内容と共に色々考えさせられる朗読でした。
20151226_10.jpg

中庭のん(歌)。冒頭に季節の詩を朗読。そして今年できたオリジナル3曲をアカペラ及びウクレレ弾き語りで披露。詩人からミュージシャンデビュー、大好評でした。
20151226_11.jpg

こやとしゆき(朗読)。オリジナル音源と共に「神世界」という作品を朗読。雄大なイメージの音楽に落ち着いた声、神話の世界が見えました。
20151226_12.jpg

ジュテ(朗読)。こんぺー糖とのコラボで朗読。リズム感ある朗読にヒューマンビートボックスが絡み、即興とは思えない完成度の高さ、ゾクゾクするような見応えあるパフォーマンスでした。
20151226_13.jpg

佐藤慎司(ギター弾き語り)。中学1年生の頃の恋の思い出を語ったあと、それを描いた楽曲を披露。作品とともに、前フリの話に漂う独特のシュール感に嵌る人多数です。
20151226_14.jpg

ちょこちゃん(朗読)。国語講師というキャリアに絡み「絵文字は文字か絵か」という話で場内を煙に巻いたあと、自作の短歌を少しだけ朗読。いずれも初々しい恋を感じさせる作品、もっと聞きたかったです。
20151226_15.jpg

恵矢(詩の朗読)。毎日の風景を取り込む作品を。最後はこんぺー糖とコラボでリズム感ある言葉、身体の動きを生かした朗読を。力強いパフォーマンスが圧巻です。
20151226_16.jpg

今城司(AG.VO.)。この季節ならではの作品、いつもの作品を弾き語り。毎回「緊張する」と言いながら安定の今城クオリティ。声量も抜群です。
20151226_17.jpg

こんぺー糖(ヒューマンビートボックス)。トップに続きラストにもう一度。場内から希望曲を募り即興サンプリング。興詩や即興芝居に対抗してのパフォーマンス。毎回、様々な仕掛けをもってきてくれます。
20151226_18.jpg

ということで、全17名のパフォーマンス、今回も見応え抜群でした。
最後には2015年お疲れさまということで、参加者のサプライズでクラッカーが鳴り響きました!!
それぞれの表現に対する真摯な姿勢、そして他の参加者への暖かい目など、毎回、参加者の方が良い空気を作ってくれます。更に主催の私に対するお気遣い、愛。感謝しても感謝しきれません!!ありがとうございます!!
作品の世界に泣くことはあっても、リアルではほぼ泣かないので笑顔で終わりましたが、泣く場面だったのかな(笑)。

参加者もご見学の方も狭い店内で最後までお疲れさまでした!!そうそう、理由なく途中から来る人や途中で帰る人が殆どいないのもVoice Circusの自慢です!!

次回Voice Circusは2016年1月30日(土)江古田ツキフル食堂@中庭ノ空にて18時~です。
posted by voicecircus_host at 18:28| Comment(2) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年12月23日

Linked Poem Circus#3連詩作品

2015年12月18日Linked Poem Circusで出来た連詩です。参加者は青条、Satole、恵矢、noriko、かとうゆか、冨士山絢々。
Linked Poem Circus#3レポートはこちら
noriko

座る人
恵矢

朝起きて珈琲を片手に、
夜 家に戻りほっとして座る、
私の赤いソファ。
そういえば今日は
あの人の誕生日。
satole

忘れてたプレゼント
昨日の朝、あの人に渡した
私の青い心
あの人の誕生日
もうひとつの手には温もりが。
青条

私の青い心
と、引き換えに、今夜、私は、
あの人の白い身体を獲られるだろうか?
noriko

過ぎた日をなぞれば
私のなくした緑色の夢
と、引き換えに、今夜、私は、
ここに座るあの人を見る
その手ざわり
かとうゆか

私の名を呼ぶ
あなたの声を思い出しながら
ケータイの画面にうかぶ
文字をなぞる
その手ざわり
冨士山絢々

文字をなぞる
私の朱い爪
赤いソファに座り
紅く染まる心
恵矢

詩集をたくさん読みすぎて
私の朱い爪
はがれおちた
詩をたくさん書きすぎて
私の黒い心、透き通った
冨士山絢々

詩集をたくさん読みすぎて
カラフルな単語たち
浮きあがってきた
虹は七色だけじゃないと
詩を書き始めてわかった
noriko

陰る日差し
あなたが座っていた
ぬくもりだけが残るソファ
詩を書き始めてわかった
あなたという言葉の意味
青条

今もあるだろうか?
あなたが座っていた
銀座の喫茶店の
銀色のソファ
かとうゆか

おぼれる
という意味なのだと
初めて知った
銀座の喫茶店の
アフォガード
satole

初めて知った
”苦く甘い(ビタースウィートな)”胸の痛み
ミラノ、パリ、デブレッツェン
何処であろうと
私は泳ぎ続ける。
posted by voicecircus_host at 18:48| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

Linked Poem Circus#3レポート

2015年12月18日(金)

詩人であり言語造形家である恵矢さんと詩人norikoの共催、Linked Poem Circusの第3回目、無事に終了しました。参加者全員で前の方の1行を取り込み連をつなげていくというルールで連詩を作る会です。一人の持ち時間は10分、書いた人とは別の人が読むなど、即興でもなくパフォーマンスでもない詩の会となっています。

参加者は前回と同じ青条、Satole、恵矢、noriko、初参加でかとうゆか、冨士山絢々の6名で2周しました。

くじ引きで順番を決め、タイトルは前回に続きnorikoで「座る人」。
詩は恵矢からスタートしました。3回目となる4人だけでなく、初参加のお二人もルールに則って比較的スムーズに連詩が展開していきました。人数が増えたことで自分の順番が回ってくるまでにある程度の時間ができたことも余裕に繋がったようです。何名でやるかが作品にも影響を与えるということを改めて認識しました。今回も連詩ならではのフレーズ、それぞれの参加者の光る言葉をいくつも織り込んでの作品が完成しました。
第3回連詩作品

合評では作品の裏側の話から恋の話へと広がりました。「恋心」は詩に出るかという真面目な話からスタートしたことなのですが。詩を読めばその人の心が分かるのでしょうか?!怖いことです。

時間いっぱいということで今回は2周で終わりとなりましたが、創作意欲が続き限り、書いていたいという欲望も芽生え、来年には連詩オールナイトを開催しては?という案も出ました。まだまだ手探りしながらのLinked Poem Circusですが、毎回着実に成果を得ています。是非、次回はあなたも連詩に参加してみませんか。ご参加はもちろん、見学のみ、とりあえず見学して参加するか決めるなども自由ですよ。

次回開催は2016年1月15日19:00~、江古田 ツキフル食堂@中庭ノ空となります!

参加者の皆様のお写真を拝借しました。書く人は真剣、他は和やかに雑談と詩の時間です。

20151218_4.jpg

20151218_2.jpg
20151218_1.jpg

20151218_3.jpg
posted by voicecircus_host at 18:40| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。